STEP01:ウィンドウのオープン

まずは、ウィンドウを開くことから始めよう。
以下のコードは、何も表示されないウィンドウが出現するだけだが、
STEP02以降で解説する描画結果は、このウィンドウに表示されることになる。

コメントに星印(★)が書かれている箇所が特徴的なところである。

//////////////////////////////////////////////
// Copyright Ryo Ishikawa 2014. (http://www.ryoxx.org/)
//////////////////////////////////////////////
/// @file Step01_OpenWindow.cpp
/// @brief Step01 ウィンドウのオープンのソースコード

//★GLUTを使うためにヘッダファイルをインクルードする★
#include<gl/glut.h>

//★描画を行う関数(実際に描画を行う処理はstep02以降で解説)★
void displayFunc(void)
{
}

// メイン関数
int main(int argc, char** argv)
{
	//★GLUTの初期化★
	glutInit(&argc, argv);

	//★Windowの生成★
	glutCreateWindow(argv[0]);

	//★callbackとして描画関数を設定★
	glutDisplayFunc(displayFunc);

	//★表示処理(loop)を開始★
	glutMainLoop();

	return 0;
}

以上のコードを実行すると、おそらく以下のようなウィンドウが表示されると思う。

STEP01_00

もしも「ビルドできない」場合には以下の可能性が高い

  • GLUTライブラリのヘッダファイル(*.h)のインクルードに失敗している
  • GLUTライブラリのライブラリ(*.lib)のリンクに失敗している

また、「ビルドはできるが実行するとエラーが出る」場合には以下の可能性が高い

  • GLUTのDLLのリンクに失敗している

STEP01:ウィンドウのオープン」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: OpenGLのチュートリアル 充実化中! | ryoxx.org

コメントは停止中です。