STEP02:最も単純な図形の描画

STEP01で生成したウィンドウ上に図形の描画を行っていこう。
ここでは、最も単純な図形として、「線」を描画してみる。
下記にそのサンプルコードを掲載する。

コメントに星印(★)を書いた部分が、注目してほしい記述である。

[cpp]
//////////////////////////////////////////////
// Copyright Ryo Ishikawa 2014. (http://www.ryoxx.org/)
//////////////////////////////////////////////
/// @file Step02_BasicDrawing.cpp
/// @brief Step02 「描画の基礎」のソースコード

#include<gl/glut.h>

// 描画を行う関数
void displayFunc(void)
{
//★画面のクリア★
// ・glClearColorで設定した色で画面がクリアされる
glClear(GL_COLOR_BUFFER_BIT);

//★線の描画★
glBegin(GL_LINES);
glVertex2d(0.0, 0.0);
glVertex2d(0.5, 0.5);
glEnd();

//★描画内容の反映★
// ・上記の描画処理を描画デバイスに送信する
// ・この処理を行うまでは一時記憶されているに過ぎない
glFlush();
}

// メイン関数
int main(int argc, char** argv)
{
glutInit(&argc, argv);
glutCreateWindow(argv[0]);
glutDisplayFunc(displayFunc);

//★画面をクリアする時の色の設定★
// ・引数の数値は(赤,緑,青,透明度)の順
// ・各数値は0.0f~1.0fまでの値
// ・以下のコードでは 赤:0.0, 緑:0.0, 青:0.0, すなわち「黒」を設定
glClearColor(0.0, 0.0, 0.0, 1.0);

glutMainLoop();

return 0;
}
[/cpp]

このコードを実行すると、以下のように線分が描画されたウィンドウが出現すると思う。

STEP02_00

このソースコードの内容について、いくつか解説をしていく。

まず、メイン関数にある、下記の処理である。
[cpp]
glClearColor(0.0, 0.0, 0.0, 1.0);
[/cpp]
これは画面をクリアする時の色の設定を行うための、処理である。
この関数は、4個の引数を設定するのだが、これらは
(赤,緑,青,透明度)の順で、各数値は0.0f~1.0fまでの値を設定する。
掲載したコードでは 赤:0.0, 緑:0.0, 青:0.0, すなわち「黒」を設定していることになる。

1 thought on “STEP02:最も単純な図形の描画

  1. ピンバック: OpenGLのチュートリアル 充実化中! | ryoxx.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です